バンフ国立公園モレーン湖が絶景!入園料についての注意事項!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7744735356_4be40c7513_k(Photo by Roland Tanglao /consolation-lake-hike-20120730-136.jpg)

旅行情報サイトでは☆5つ
訪れた人は皆満足で何度でも行ってみたい
そう思う人が多いバンフ国立公園モレーン湖。

 

 

ロッキー山脈に囲まれている湖は
どこか秘境の地、という特別な感じがして
神聖な雰囲気が漂います。

スポンサードリンク

バンフ国立公園モレーン湖が絶景!

カナダへ行く際には
必ず立ち寄りたい場所でもある
モレーン湖

 

 

ロッキー山脈に囲まれたこの大きな湖は
大自然を感じさせる中で
どこか秘境と言った感じもする
絶景を望める場所でもあります。

 

 

青く輝く湖に映しだされてた
山々も魅力的であり
その壮大さには
思わず息を飲んでしまうほどに。

 

 

カナダでは旧札$20紙幣のデザインとしても
用いられていましたね。

 

 

ネット上でモレーン湖を検索すると
CGなのではないか?と疑ってしまうほどに
壮大な写真が数多く出てくるので
観たこと無いという人は是非見ておくと
その素晴らしさを写真からでも
感じることができるでしょう。

 

 

カナダの有名人気観光スポットということもあり
カナダのツアーパンフレットなどには
必ずと言っていいほどに掲載されています。

 

 

なので初めての海外旅行の場合にも
そういったツアーなどを利用すると
行きやすいですし
大きな思い出になることは間違いないでしょう。

 

 

モレーン湖の魅力の1つには
青く美しく輝く水があります。

 

 

モレーン湖ならではの特徴でもあるように
この湖は氷河から溶け出した水でできているため
岩の粉が少量含まれています。

 

 

この岩の粉が、太陽の光によって反射をし
青く輝くという仕組み。

 

 

まさに自然が創りだした輝く湖であり
そんな青いキャンパスの中から覗く
山々の風景というのも
実際に見るよりまた違った魅力を
感じることができます。

スポンサードリンク

入園料についての注意事項!

127263028_9bc29a2821_o(Photo by Christopher Michel /dreamscape – banff.)

魅力的なモレーン湖
是非とも見てみたいものですが
そこで注意をしたいのが入園料のこと。

 

 

モレーン湖がある国立公園には
入園料も必要となっていきます。

 

 

ツアーなどで行く際には
その中に含まれていることも多いようですが
個人などで行く場合には
この入場料つい忘れがちになってしまうのです。

 

 

というのもバスなどを利用して向かうと
入り口を通過してしまうことによって
払うタイミングを逃してしまうから。

 

 

なので行った際に入園料を払っていないことに気付いたら
インフォメーションセンターなどで
支払いが可能なのでそこで支払うようにしましょう。

 

 

また、バンフ国立公園の中には
バンフという町があります。

 

 

このバンフに滞在するホテルがある
という場合もあるでしょうし
町中の施設を利用するということもあると思います。

 

 

その場合には滞在日数分の
入園料が必要となります。

 

 

なので旅行に行く際には
そういった点も踏まえて計画することが
大切となります。

 

 

もし払い忘れのある場合には
罰金が課せられるので
必ず払い忘れのないように気をつけましょう。

 

 

国立公園の中に町がある
というのは日本では馴染みがないことですし
どこか不思議な感覚もしてしまいますが
それでもバンフは大自然に囲まれた
美しく、カナダらしい町だとも言えます。

 

 

心配な場合にはツアーなどを利用すれば
おそらく間違えるということはないと思うので
ツアー内容などを確認した上で
参加をしてみるといいかもしれませんね。

 

 

初めて行く場合には
入園料などについても不安が残ると思うので
そういった際には事前にネットなどで情報を集めておくと
無難かもしれません。

 

 

人気観光スポットなので
訪れている人も多く、ブログなども書いている人がいるので
前もってチェックをしておくことによって
行き当たりばったりでアクシデントに遭う
ということも少なくなるでしょう。

 

 

また、人気スポットということもあり
長期休暇中などは混雑するおそれもあります。
季節によっても注意事項が異なってくるので
自分が旅行するシーズンに合わせて
気をつけて行ってみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す