プレアビヒアからの絶景!カンボジアとタイの国境!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

730

アジアの誇りとも言われている絶景があるのが
カンボジアとタイの国境にある
プレアビヒア。

 

 

プレアビヒア寺院の周辺は
紛争の跡地としても知られており
絶景でいて、どこか哀しい雰囲気が漂う
世界遺産です。

スポンサードリンク

プレアビヒアからの絶景

プレアビヒア寺院
別名で天空に浮かぶ寺院とも呼ばれています。

 

 

ダンレック山脈の頂に位置しており
アンコール時代に建てられた
寺院遺跡です。

 

 

山脈の頂にあるということもあり
そこからの景色は眺めがよく
自然と空の青が調和するその姿は
まるで別世界に踏み入れたような気持ちになれます。

 

 

さらに寺院遺跡にも雰囲気があり
神聖な雰囲気の中に
哀しさや空虚感を伺うことができるので
さらにそれと自然、空がマッチする姿は
なんとも言えません。

 

 

寺院は9世紀末にクメール人によって
建設されたとされており
さらに11世紀に増設したと言われています。

 

 

世界文化遺産には
2008年に登録されたので
観光客が多く訪れる地となりました。

 

 

プレアビヒア寺院が信仰していたのが
ビシュヌ神
インド、ヒンドゥー教の神であり
最高神として崇められている存在ですね。

 

 

遺跡全体は見どころがたくさんあり
長い年月をかけて劣化していったその姿も
また魅力的。

 

 

寺院に行く途中も
冒険をしている気分になれるので
やや行きには時間がかかるものの
かなり楽しく観光することが
出来るのではないでしょうか。

 

 

さらに遺跡周辺には
現地の子供もたくさんいるようで
かなり人懐こく
観光客と触れ合うことも多いようですね。

 

 

遺跡そのものも見どころですが
こういった触れ合いができるのも
旅の醍醐味でもあります。

 

 

遺跡を進んでいくと
断崖絶壁の場所にたどり着くことができますが
ここからはカンボジアの大平原を見ることができる
まさに絶景ポイント。

 

 

地平線の彼方まで見れるのではないか
と思えてしまうほどに
見渡しはよく
空と青々とした緑が広がる姿は
広大でいて壮大です。

 

 

ただ、柵などはないようなので
もし見る場合には注意が必要。
あまりの光景に感動しすぎて
柵がない、ということを忘れないように注意しましょう。

スポンサードリンク

カンボジアとタイの国境!

P1019949

プレアビヒア寺院に行くには
カンボジア、タイ、どちらからも行けます。

 

 

というのもカンボジアとタイの国境に
丁度位置している為。

 

 

しかし国境に位置しているからこそ
プレアビヒア寺院を巡った争いが起き
神聖な寺院であるにも関わらず
どこか哀しい雰囲気が漂うのは
そういった争いの痕跡だとも言えます。

 

 

以前からプレアビヒア寺院周辺に関しては
両国の間で領土問題となっていました。

 

 

現在はカンボジア領ということで
判決がくだされているものの
それに至るまでは多くの犠牲も生まれました。

 

 

1904年に遡ると
そこから1940年の間には
当時タイとカンボジアを保護国としていた
フランスの領土であるとされていました。

 

 

しかしその後1940年に
タイとフランスが交戦状態になり
日本が和平を斡旋したことにより終息。
この後、タイの領土であると認められました。

 

 

しかしその後、タイとカンボジアの間で
領土問題として紛争が勃発し
武力衝突によって周辺住民や兵士達の命が
失われることになりました。

 

 

1962年には国際司法裁判所が
カンボジア領という判決を下していたものの
その後も交戦を交えてきており
さらに世界遺産に登録されたことにより
タイとカンボジア間の領土問題は
さらに白熱することに。

 

 

この地では砲撃・銃撃戦が行われ
それに伴い多くの犠牲が生まれた場所でもあります。

 

 

遺跡をみていくと
そういった武力衝突の痕跡も見ることができるため
神聖な寺院にどこか空虚感が漂うのも
そういった理由からといえるでしょう。

 

 

現在は両国共に
にらみ合いが続く中でも
政府間の間であ、関係改善に向けて努力を続けている
ということ。

 

 

プレアビヒア寺院周辺を巡る争いは
かなり長い間続いていますが
もうこれ以上犠牲を出さないためにも
タイとカンボジアの両国の関係が
一刻も早く改善されることを願いたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す