タージマハル 外国人の入場料の高さに驚き!黒いタージマハル?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3465622297_941e8f9e3d_z(Photo by qiv / Taj Mahal)

インド北部にある、インド・イスラーム文化の
代表的建築であるタージ・マハル。

 

 

インドの象徴とも言えるべきこの建物ですが
なんと外国人にとっては
敷居が高い観光スポットでもあります。

スポンサードリンク

タージ・マハル 入場料の高さに驚き!?

ムガル帝国第5皇帝シャー・ジャハーン
愛妃ムムターズ・マハルのために
1631年に建設をした
総大理石の墓廟であるタージ・マハル

 

 

白く美しいその佇まいは
インドの象徴とも言えるべき存在であり
インドと聞いてタージ・マハルを
思わず浮かべてしまうものです。

 

 

シンメトリーに作られている建物は
パレス風の建物となっており
一見王宮のようにも見えます。

 

 

しかし、王シャー・ジャハーンの
最愛の存在ムムターズ・マハルのために
作ったときくと
どれほど彼女を想っていたかということや
彼女の美しさの面影を見ることができますよね。

 

 

シャー・ジャハーンは当時は偉大な皇帝として
その地位を収めていました。

 

 

そんな中で戦場にすら連れて行ったほど
いっときも離れずに、愛を注いだ王妃は
わずか36歳という若さで
この世を去ってしまいます。

 

 

悲しみにくれた王は
せめて彼女がいたという証に
この美しく白い墓廟を建て
それには世界中から一流の職人と
建築に必要な素材を集めました。

 

 

総大理石であるタージ・マハルは
いつでも輝くような白い美しさを
今もなお放っていますが
当時の王の悲しみ、そして愛が込められたことを考えると
どこか胸が締め付けられますよね。

 

 

しかしこの墓廟に費やされた費用は大きく
皇帝シャー・ジャハーンは
三男によってアーグラ城にある塔に
幽閉されることとなります。

 

 

その塔からタージ・マハルを
7年間の間も見つめ続けましたが
ついにシャー・ジャハーンが
再びタージ・マハルの前に立つことはなく
塔の中でその生涯に幕を閉じます。

 

 

愛の象徴でもあるタージ・マハルは
王の絶大な愛を注いだ王妃への記念碑でもありますが
その代償として幽閉をされてしまったこの話は
切なく悲しい話ですよね。

 

 

しかし塔で命を落としたシャー・ジャハーンですが
今はタージ・マハルで、ムムターズ・マハルと共に
眠りについています。

 

 

長くして離れ離れだった2人ですが
今は永遠の時を共に過ごしているのです。

 

 

さて、そんなタージ・マハルは
今では多くの人が訪れる
観光スポットとなっています。

 

 

インドに訪れた際には
その美しい愛の証拠を
眺めてみたいもの。

 

 

しかし外国人の入場料が高い
ということで、悲しくも有名なのは
ご存知でしたか?

 

 

ものすごく高い、というわけではないものの
外国人の入場料はおよそ1300円

 

 

これならばそこまで…?とは思うものの
インド人の入場料というのが
なんと35円ほど

 

 

35円と1300円では
あまりの差がありすぎるため
外国人に対してぼったくりすぎなのでは?
と有名になっています。

 

 

再入場は出来るようですが
かなり厳しくチェックされるようなので
そういうのが嫌だ…という人は
再入場をしないように
じっくりと中を見て回るといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

黒いタージ・マハル?

4004053460_d40f5b1fc3_z(Photo by Shubham / A Defied Sense of Solitude)

美しい白に輝くタージ・マハル。

 

 

しかしそれとは別に
黒いタージ・マハルの存在
ご存知ですか?

 

 

黒といえば白とは対照的ですよね。

 

 

実は黒いタージ・マハルは
存在はしていないものの
黒大理石の廟の建設は
考えられていたということ。

 

 

もちろんこの黒いタージ・マハルに眠る予定だったのが
シャー・ジャハーン。

 

 

ヤムナー川の対岸に
黒いタージ・マハル、つまり自分の墓廟を作り
そこに橋をかけ
タージ・マハルと繋げようと
考えられていました。

 

 

イスラーム建築の原則として
対称性を果たすというものがあります。
ここらの地域でシンメトリーが多いというのも
このことから言えますね。

 

 

タージ・マハルが建っていく姿を見て
対岸にさらに同じ建物があれば
対称性が南北の対称性が果たされるということで
シャー・ジャハーンは建設を考えました。

 

 

しかしその後のことは知っての通り
シャー・ジャハーンは
その浪費によって三男に城の塔に閉じ込められ
結局黒いタージ・マハルが作られることは
ありませんでした。

 

 

いつまでも向かい合って永遠に一緒にいられる
そうシャー・ジャハーンは考えたのかもしれませんね。

 

 

今ではタージ・マハルで
ムムターズ・マハルと共に眠っているので
今度こそ本当に2人は
永遠に側にいられることとなります。

 

 

対岸に黒いタージ・マハルは
見てみたかったとは思うものの
これだけの愛を注いだシャー・ジャハーンは
今はムムターズ・マハルの隣にいられることに
喜びを感じているかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す